鉄の前足

鉄拳(キングとクロエ)メモと対戦日記 Twitter:@IronPaw9L

対戦記録 8/27 初修羅

クロエ 滅拳 → 修羅
35-34

修羅になったが全一弱い修羅かもしれない。できないことが多すぎる。今日だけは喜んでおこう。

ボブ
今日もダメだった。666LKする前にボブ風に落とされる。前ダッシュガードする前にボブ風当たる。いまだ距離がはあくできていない。

ジャック
未だ困難で解決なし

ラース
わからない、小型ジャック

ニーナ
かかと落としがよくわからなく、隣に座ってた強い人に聞く。いわくに「RK派生は既にアパスト間合いだからニーナターンであるに変わらない。アパストのが強いのになんかしてきてるわけでつきあわない。」と。
なるほど。感覚派の方だがすごくわかりやすい感想だった。

既に死地と解釈すると悪くない。気が晴れる。だいたい、ガードさせて次はアパストだろうから下段派生になるまでじっとする心構えで楽になる。

しかし、そもそもアパストの展開わからんのだった。もうしばらく動画勢。

吉光
技揃っててかなり厳しい。フェン、シャオと同じ系統の戦い方だが、シャオ使いより防御が高い。
どこにつけこんでいくか未だにわからない。基本技を横で、固有技を潰そうかと思うも固有技がいちいち優秀でどうしたものかと思う。

BD

一点読み

3LP派生は4RK
と思ったが頻度が少なく(吉光使いもまだ慣れてない)とっさに出せない。

ほとんど浮いてるかカリンで横に動いてて、やっと軸があったと思えば先に吹雪、牛若。こちらが先に軸を合わせると下段置きかカリンでなにもなし。

こちらが何かできるようになるのにとても苦労する。相手がミスしない限りこちらが技を当てる機会がなく悩ましい。

1-7
ジャック 滅拳 0-3 000
カズヤ 獄拳 1-1 01
ラース 滅拳 0-3 000
→魔拳降格
16-14
クラウディオ 魔拳 1-0
ボブ 滅拳 3-5 00101001
フェン 滅拳 1-1 01
キング 滅拳 1-0 
吉光 剛拳 4-6 0111000001
ドラグノフ 滅拳 1-1 01
キング 剛拳 2-1 011
ドラグノフ 魔拳 1-0
キング 魔拳 1-0
ポール 魔拳 1-0
→滅拳昇格
11-8
ブライアン 滅拳 1-0
キング 滅拳 1-0
ブライアン 魔拳 0-1
休憩
キング 獄拳 2-3 00110
仁 滅拳 1-0
クラウディオ 魔拳 1-1 01
ブライアン 滅拳 1-0
ラース 滅拳 0-1 
ニーナ 獄拳 4-2 01110
→獄拳昇格
7-3
ニーナ 滅拳 0-1
カタリナ 獄拳 0-1
休憩
レオ 修羅 1-0
ポール 修羅 2-1 110
ブライアン 滅拳 1-0
ニーナ 滅拳 1-0
フェン 修羅 2-0 11
→修羅昇格
0-2
シャオ 獄拳 0-2