鉄の前足

鉄拳(キングとクロエ)メモと対戦日記 Twitter:@IronPaw9L

対戦の記憶(キング猛虎〜大蛇)

ジャイアントスイング、シャイニングが使えないとダメージ効率が悪い
しかし、バレバレの投げはどうせ通らないのでおなじこと
投げが豊富な割に投げやすい打撃が限られていて、展開を読んでいかないといけない



2WP
ポールのポンケンのよう
距離がはなれる
クロエの9LKタイミング+適度にぱなす
確反ないキャラが多そう

s3LPレッグブレーカー
豪快な床拭き
コマンドが簡単なのでよく使う
受け身に重ねる方法がありそ

1RKロードロップ
ステータス発生が遅いので使えない、と思ってたが世の中ではステータス期待ではなくローリスクさとリーチ、技後の状態がよいから使うものらしい
なんとなく出始めが2WPに似てる
…意識して頻度上げたい

2RK
開幕は使うけど、気づくと忘れてる

2LK
コンボや投げ後にたまに使う

1LK
使おうと思ってない
昨日見た動画のキングはよく使っていたが、出しどころが上手く真似できるレベルでなかった
どういう経緯で出してるかわからない限り無理


攻めの気持ちを消して無心になると勝率よい、よく考えたらオンライン化で誰もがキングの投げを意識しているのだから、投げより打撃メインでよいかもしれない

ロードロップと2WP先端とステップ投げが同じ距離感
これにダッシュインとダッシュジャイスイを加えられたらよい気がする

とはいえ、受け一辺倒になりがちなキャラなので防御とキャラ対策は引き続きしよう


キング対策
獣ぐらいのキング=自分だとしたら
なかなかターンをもらえず、削られた挙句にやっときたターンでバレバレの投げや打撃に走って、スカ確とられて死ぬ
そういう状況に持って行く
→3LP、ワンツー、6RP派生てんこ盛り
→たまに4WPでトス

4LPの爪を置くとでしっかり待たれ、我慢できずに走りこんで逆に置きに負ける
→時間を使ってひっかかりませんよアピールで次の展開に進める

・どでかいカチ上げ2WP
→前ダッシュからのガード、下段、6RPと必ず前アクション

・レッグブレーカー
確反がない
有利フレームを欲張るところを刈り取る選択肢があるので気をつける
→ws3LP、BD
→wsRK→当身される
→下段→ライニーで飛ばれる

・3LP
食らったらガード、ガードしたらBD
2発目がスカりやすいので、スカチャンス
3LP〜2RK、3LP〜ジャイスイの展開も頭に入れておき投げは抜ける、2RKは捨てる

・しゃがみ〜ボディスマッシュ
2RKや後ろジャンプなども
しゃがみ状態にから下手な横移動やBDに刺すことがおおい
キングがしゃがみを解除するまで迂闊に動かないでじり下がるなどする
下がる時は相手が呆れるほど反応せずにさがること

・1LKシットスマッシュ
ブラのハチェットみたいに使って来られると辛い
ガードで浮くし、カウンターでない限りは立ちガード安定
投げ抜け準備は必要

・2LP〜投げ
反応がよければ全部抜けられるわかりやすいポイント

・ワンパン、ワンツー〜投げ
投げ抜けを意識する、3LPや他の行動は脱出チャンス

・暴れ警戒
ライニーや2WPで暴れるタイプには、ひたすら低リスクを心がける
スカがよい

・投げを食らったら
寝っぱかその場起きが最善
ダウン投げはLP,RP連打して抜けにかける
ダウン投げモーション見てから起きれるのだろうか

・ナックルボム、66LP
中距離で待ってると飛びこんでくる
→LPを置く、まめに横移動
できれば未然に出しづらくさせる下段

離れきるか、打ち落とせるようにLPやRKを撒いて小リスクモードを徹底する

・投げ
抜ける
バレバレはしゃがむ、理想はwsRP
レバー14か36でしゃがめる

・上段対策の
ライニーが頭から消えたところでクロエ1LKや1RKで展開する

ここまで