鉄の前足

鉄拳(キングとクロエ)メモと将棋の日記 Twitter:@IronPaw9L

初めの9歩目 対四間飛車 玉頭銀

初めの8歩目より、四間飛車戦を待ち、ついにきた対四間飛車1号局

△43銀型 を早々に決めて囲いへ

▲97歩 △62銀
▲96歩 △32金
初見の形で既に自信無し


f:id:IronPaw:20180515223623j:plain



▲87歩に △54銀とされ、
77と57のどちらかの歩が受からないことに気づく。何を指しても△54銀と出てきただろうか。

この後は、玉頭に猛攻をうけて耐える展開となった。局後に(泣きながら)調べた結果を記す。



玉頭銀

77(後手なら34)の歩を目標にし、急戦なら居飛車陣の薄い囲いにプレッシャーをかけ、持久戦なら67(後手なら44)の歩をつかせて穴熊の良形にさせない狙いのようだ。

玉頭銀 - Wikipedia

先手の4五歩早仕掛けを見せられた時は△5四歩ではなく△5四銀と出る玉頭銀が有力で先手の居飛車の打倒はかなり難しい。
将棋大図書館

四間飛車対4五歩早仕掛けの定跡 - 将棋大図書館
玉頭銀の解説

定跡 アプリ「振り飛車の定跡」より

参考サイト

45歩早仕掛けは△54歩型に有効。逆に言うと、△53歩△43銀型に対しては芳しくないようだ。

4五歩早仕掛けの玉頭銀対策を考える - Weblog on mebius.tokaichiba.jp


まとめ

  • 45歩早仕掛には対策がある
  • △53歩43銀型からの玉頭銀に居飛車不満が多い
  • 45歩早仕掛は54歩を待って仕掛ける

今後

本譜のように45歩早仕掛けでなくとも玉頭銀を狙われことはありえる。

  • 早めに14歩16歩の交換を入れておく
  • 玉頭銀には▲55歩反発型を試して覚える