鉄の前足

鉄拳(キングとクロエ)メモと対戦日記 Twitter:@IronPaw9L

クロエの技メモ

技の起点となる体幹とリーチ

クロエのノーマル状態は前後にステップを踏んでいる。このステップで後ろに身体を引いた瞬間、届くものが届かなくなる。

例えば開幕の距離での9LKは通常は届く。ぼったちでステップをさせ、後退のタイミングで撃つととどかない。

仮説として、技の起点は腰の位置で決まると考えられ、技の起点が後退しているために届かないのだろう。

さらに、ガード直後、後ろ下がり中も腰が引いているので、リーチが減る。

例えば1RKがギリギリあたる距離。ど密着から後ろ下がりしてからその距離で撃つと、あら不思議、届かない。


クロエのガード直後の確定反撃が安定しない理由は、ガードモーション時の腰位置が通常より引いてるからではないだろうか。

なお、喰らい判定はキャラの見た目どおりとの説からすると、ごくわずかに下がっているが実戦での体感できないレベルと考えられる。