鉄の前足

鉄拳(キングとクロエ)メモと対戦日記 Twitter:@IronPaw9L

対戦記録 1/4

クロエ 滅拳→剛拳
19-35 

仕事始まると途端にいつもより動かせ無くなる。よい初夢でした、ということでただいま剛拳

ワンツーや3LPのコマンド(自分には難しいので)練習練習、明日はトレモ多めで練習しよう。

なんとなくいつも負けるカタリナ
デカイ下段を食らうのは仕方ないとして、RKカウンターを意識しなくても食らわないレベルの動きにならないと下段を見れなくて勝てない気がする。

以下、いまやってる反省

カタリナ
4LP,RP 中中
4LP,LP 中中
3RP,蹴り 中上
パンチの中段派生は確反なし、割り込み不可
上段派生はカタリナ有利
LPを出して浮かされるのをやめたい

3RK 発生15
カウンターでコンボ、確反なし
RKを警戒してしゃがステ技を使うとこに刺してくる

追い突き
確反なしの浮かせ技
キングのアトラスと同じ
密着だとRKがはいるかもしれない

3LK,LK 中下
下段をキャンセルしてトゥースマなど
ヒット時はキャンセルを確認してから割り込みは不可能みたい?
ヒット時は実質しゃがんでトゥースマ確定でもらう割り切りにする

RK,RK,RK
誰もが使うあれ
2,3発目割り込み不可
1発目潜り不可
しゃがみからはスカ確が困難
一点読みで右横で対策

ワンロー
カタリナ有利+1
RKがしゃがすて以外に勝てる、というか反応が遅れると全てに勝てる
逆にRKを狙うポイントかもしれない

生ロー
機動力があるのでうかつに手を出さない


クロエは-1から全てRKに負けるので、シャヒーンと同等に慎重に戦って、RKカウンターを避ける。また、シャヒーンと違い右横でRKをかわしてお仕置きができるので、ここぞを見極めたい。

各種浮かせ技のリーチがとても長いので置き技がスカると確実に浮く。最低ガードさせたいが、RKと3LPにリーチと速さで発生まけしやすいので、クロエの膝や4LKを置くのははほどほどに。

密着されたら下段は捨てて頑張って距離を外す。